筋整流法 古式腱引き療法

 

「筋整流法」とは、古来より伝承された戦場の医学「腱引き」の技を解剖学的・理論的に解明し、直接筋肉・腱・靭帯などを「引く」事により過剰な神経への刺激を停止させ、血行不良の改善などを狙う理論です。「腱引き」の療術技法は日本の戦国時代において、戦場で負傷した戦士たちをより迅速に「立ち直らせる」技法として発生したものです。「腱引き」では揉む・叩く・骨を鳴らす、などはせずに「腱」(靭帯や腱およびそれに繋がった筋肉)を「引いて」本来の位置に戻す事により、数々の身体の不調を改善させたり自己治癒力を高めたりする施術です。


         

筋整流法で改善した事例は、「腰痛、ギックリ腰・肩こり・肘・膝の屈伸不全・四十肩・五十肩、額関節の開放不全・股関節開放不全・坐骨神経痛、顔面神経痛、肋間神経痛など神経痛・バネ指等の関節不全・生理不順・生理痛・全身倦怠・寝違え・むちうち症・自律神経失調症・拒食症・うつ病・便秘」などです。この様に慢性的な不調はもちろんの事、急性な症状や障害にも効果を発揮する事も多いです。


  


「腱引き」は非常にシンプルでかつ短時間で施術を施せるため、術者にも患者さんにも負担が非常に軽くて済みます。それでありながら、腱引きにより様々な不調が治ったり痛みが取れるのみならず、治るのは難しいと言われたり思われたりしている多岐に渡る身体の不調や不具合が治ってしまう事がそれほど珍しくもないため、「一撃改善」とか「奇跡の療術」と言われるほどです。さすが戦国時代に戦場で文字通り命を懸けていた戦士たちを立ち直らせるために発達したワザですよね!この「腱引き」という日本の伝統療法が痛みや不調をかかえる方たちの間のみならず、現代においてはスポーツの分野においても回復力の改善や非常に有効なコンディショニング手段としても注目を浴び始めています。


             


「筋整流法・古式腱引き」を学ぶ弟子は日本全国に約700名おりまして、その内、「筋整流法協会」により認定された「公認腱引き師」は約300名います。

腱引き道場・施術院・クリニックは、全国に約100店舗ございます。各道場、または日本各地で行われる「伝承会」と呼ばれる講習会などを通じて、どなたでもこの素晴らしい「腱引き療法」を体験してみる事も学んでみる事も出来ます!

 

 

そしてズバリ、腱引きってどんな?

ホーム

English Page